治療について

予防 - 禁煙支援

禁煙を支援する理由

タバコが歯と口腔に与える影響として、歯周病と口腔・咽頭ガンがあげられます。
歯周病に関しては、ニコチンが大きな危険因子であることが、医学的に明らかになってきました。

ニコチンの影響

  • 血管が収縮
    歯ぐきに栄養が不足
    歯ぐきが炎症をおこしても出血しにくいので気づかぬうちに病状が進行
  • 抵抗力の低下
    免疫機能を低下させ、歯周病への抵抗性も低下してしまう。

このような影響があるために、歯周病が進行しやすく、治療しても治りにくい状態になってしまいます。
また、見た目にも色が黒ずみ、口臭の原因にもなっています。
※厚生労働省の調査で、喫煙者の歯は、時期的に早く、本数も多く失われることが統計的にも明らかになっています。

禁煙支援を実施

たばこを吸う人-歯肉が黒く、歯の表面にタールが付いて汚れています。

<たばこを吸う人>
歯肉が黒く、歯の表面にタールが付いて汚れています。

たばこを吸わない人-歯肉がピンクで、引き締まっています。

<たばこを吸わない人>
歯肉がピンクで、
引き締まっています。

たばこを吸う人-口蓋粘膜に白い突起がたくさん出来ています。

<たばこを吸う人>
口蓋粘膜に白い突起が
たくさん出来ています。

たばこを吸わない人-歯の表面が白く、輝いています。

<たばこを吸わない人>
歯の表面が白く、
輝いています。

当クリニックでは、患者様それぞれに合わせた禁煙支援を行っています。

  • タバコが原因で歯周病が悪化している患者様
  • タバコをやめたい患者様
  • インプラント治療など、傷の治りを妨げると思われる患者様

禁煙支援のページトップへ戻る