治療について

痛くない治療

痛くない治療とは

痛くない治療

痛くない治療というのは「痛くなる手前でやめとく。」という誤解があるかもしれません。
基本的に「Pain control」(痛みのコントロール)というのは「予め痛くなりそうな治療の前には麻酔を施して、術者も患者も安心してしっかり治療する。」ということです。したがって、麻酔に際してのわずかな痛みはご了解していただくことが必要です。
それから、レーザーによって、従来麻酔が必要な治療も、麻酔なしで無痛に行うこともできます。
(参考)ハードレーザーによる治療についてもご覧ください。

なるべく削らない治療

むやみに”削って詰める”という時代は終わりました。
進行しない初期のう蝕は進行を止める処置にとどめる。進行してしまった部分も、最小限の削除にとどめ、効果的な充填方法で最大の効果を求める(Minimal Intervention)というコンセプトのもとに”歯の保全”に重きを置いた治療に努めています。

切削器を使わない

ムシ歯を削る「キィ〜ン」という切削器の音、何とかならない!?という患者さんに朗報です。
最新「エルビウム・ヤグ・レーザー」によって、無痛のうちにムシ歯の部分だけを溶かしてしまうことができるようになりました。 イヤな刺激音やガリガリ削られる振動から解放されます。 深いムシ歯では、歯の神経を守るために最適な効果を発揮します。もちろん体には全く無害、安全な治療法です。
※場合によって局所麻酔が必要になる場合があります。
※歯の状態によっては適用できないことがあります。
※レーザー治療をご希望の場合は、事前の説明と、レーザー治療を受けるか否かの確認をしています。

痛くない治療のページトップへ戻る